離乳食を噛まずに飲み込みます→丸飲み対策でおやきをつくってみた【離乳食後期】 | 梨のはな個人ブログ

離乳食を噛まずに飲み込みます→丸飲み対策でおやきをつくってみた【離乳食後期】

離乳食
0歳 育児 離乳食
スポンサーリンク

こんにちは。

梨のはなです。

梨のはな
梨のはな

今日は離乳食の悩みについての記事です。
タイトルにある通り、生後10か月の娘が離乳食(おかゆも野菜も)を全く噛まずに飲み込むので、その対策としておやきを作ってみた備忘録です。

結果としては…おやきなら少しモグモグしてくれました!
よかった。
記事の最後にはささみと豆腐のおやきの作り方も載せていますのでご覧ください。



離乳食後期(生後9~11か月頃)の離乳食の硬さはどんなの?

一般的に離乳食後期(9~11か月)の離乳食の硬さの目安は
☑歯茎でつぶせる
☑バナナくらいの硬さ

と言われています。

▽以下、『kewpie』(キューピー)のホームページを参照▽

調理のポイント

1. 食材の固さはバナナくらいを目安に
2. 手づかみ食べがしやすい調理
3. 大人の食事を薄めの味付けにするととり分けも可能に

『kewpie』公式ホームページ(教えて!離乳食のコツ)より引用

そろそろ歯ごたえのあるものを、噛んで食べます。

歯ぐきを使って、カミカミの練習をします
やわらかすぎても固すぎても、丸飲みの原因になります。
1日3回の食事のリズムを大切に、家族で食事をたのしみましょう。

『kewpie』公式ホームページ(教えて!離乳食のコツ)より引用



娘の食事の様子

娘は生後10か月を迎えているのでそろそろモグモグしてもいい頃なんですが、全くその気配がありません。

普段の食事の様子

☑歯は上下に2本ずつ生えている。
☑好き嫌いはなし。何でも食べる。
☑夕食は家族と一緒に食べるため、家族がモグモグしているところを見せるが何の反応もなし。



もうそろそろ軟飯に移行しようと考え、
五倍がゆからどんどん軟飯に近付けた硬さのおかゆをあげているのですが
…どの硬さのおかゆでも丸飲みです。

口の中に入れた瞬間に

「ごくっ」

という音が聞こえ、
それと同時に口を開けて次のご飯を催促してきます。

ほんの一瞬の出来事です。

いつか喉につまらせやしないか、いつもハラハラしています。

おかずも同じです。

今はみじん切りにしたものをあげているのですが、
これ以上大きく切るとなると飲み込んだ時に「おえっ」と喉に詰まらせてしまわないか、
そうなるのが怖くて
なかなか野菜のサイズも大きくできていません。

食の進み具合や好き嫌いなど個人差があるとはいえ、
丸飲みするのは胃に負担がかかるのでは?
と思い、

丸飲みできないようにジャガイモやさつまいものおやきを作って与えてみました!



このくらいの大きさの物なら噛まないと食べれないし、一応歯は上下に生えているので噛めることは噛めるはず…
しかも歯茎でつぶせるほどの硬さ。


ドキドキしながら与えてみると…

ちょっとモグモグして食べた!(*’▽’)


美味しそうに食べてる!
気に入ったみたいでよかった!

まだしっかりモグモグとはいかず
少しだけモグモグしたらごっくん、といった感じですが
とりあえず噛むことを覚えてくれたら成功です✨

おやきを作った甲斐があります。



しかも離乳食後期は手づかみ食べを推奨している時期なので
おやきなら手に持って食べれるから、
丸飲み対策と併せて一石二鳥です!

手づかみ食べを充分に

いろいろな食べものの形や感触を手指で確かめ、覚えていきます。
自ら手にとって口に運ぶようになるので、ごはんはおにぎりに、野菜はスティック状にしてゆでるなど、手づかみ食べしやすいように工夫します。
前歯で自分の一口に合った量を噛みとる練習にもなります。

『kewpie』公式ホームページ(教えて!離乳食のコツ)より引用



…おかゆの丸飲み対策はもう少し時間をおいて考えたいと思います(;^ω^)

小児科の先生と保健師さんに相談したら
「おかゆの硬さが柔らかすぎて丸飲みしてしまっている可能性もあるので(噛まなくても食べれてしまうため)、少し硬めのおかゆにするか軟飯に移行しては」と言われました。

三倍がゆ→軟飯という風に少しずつ硬くしていっていますが、
やはり1、2回噛んだら「ごっくん」という音が聞こえます💦

もっとしっかり噛んでほしいのですが…

おかゆに関してはもう少し様子をみたいと思います。

「豆腐とささみのおやき」の作り方

おやきはジャガイモやさつまいも、かぼちゃなどを主軸に使うと固めやすく食べやすい硬さになるのでよく使用していましたが、

野菜のおやきに慣れてきたころに
たんぱく質を使ったおやきも作ってみました。

これなら肉や豆腐でも手づかみで食べれるのでおすすめです✨

「豆腐とささみのおやき」材料

・豆腐 適量
・鶏ささみ 適量
・片栗粉 大さじ1~
・ひじき
・小松菜
・たまねぎ



※材料は適量です。お好みの量で調整してください
※豆腐の量を多く入れ過ぎると水分が多くなるので気を付けてください

①豆腐は一度茹でて水切りしておく

②ささみは筋を取り、茹でた後細かくほぐし、みじん切りにする

③一緒に混ぜたい野菜を茹でてみじん切りにする
(今回はひじき、小松菜、たまねぎを入れました)

④①~③をボウルに入れ、片栗粉を大さじ1~入れて混ぜる

ボウルに入れる前に野菜や豆腐、ささみの水気はしっかりと切りましょう。べちゃっとなって大変なことになります。

⑤食べやすい大きさに形成する

1食分の量がたんぱく質の目安の量を超えないように気を付けてください

⑥鍋にうすく油をひき、弱火でほんのり焼き目がつくまで両面を焼く



はい、出来上がり✨



※具の柔らかさや、片栗粉の量はお好みで変えてください。
 あまり柔らかすぎてもべちゃっとなるし、片栗粉を入れ過ぎても舌触りがざらざらになります。

※もし水分が多くべちゃっとするようであれば、ラップをせずに冷蔵庫で10分ほど入れておくと、生地が落ち着いてまとまりやすくなります。

※ささみがぼろぼろしてあかちゃんには食べにくいかもしれないので、注意して見てあげてください。


梨のはな
梨のはな

この「豆腐とささみのおやき」が娘に大好評で、一心不乱にもぐもぐと食べてくれました。
全部食べ終わり、私が「もうおしまい」と言うと、
「あー!」(゚Д゚)ノ
と怒り、機嫌が悪くなる始末でした。

まさかここまで気に入ってくれるとは。
頑張って作ってよかったです(^^♪

モグモグしてもらう&手づかみ食べにおやきはベストです。
ぜひ作ってみてください。


離乳食の時間はかわいい食器でテンションアップ!

最後までご覧いただき
ありがとうございました。

梨のはな

タイトルとURLをコピーしました